BAR EXIT


日常からの「出口」で、ワインとチーズはいかが?
by bar_exit
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

5/16~31のワインメニュー♪

5月16日~そうです、今日から「でぐちや決算スペシャルフェア」の第二弾がはじまります♪

前回に続き弊社ストックのお宝ワインを、お気軽にお召し上がりいただるチャンスです。

Ⅰ <泡> N/V シャンパーニュ ヴィエイユ・レゼルヴ ブラン・ド・ブラン
       生産者:サディ・マロ

1948年より続く家族経営の畑仕事から醸造までを一貫して行う小さなシャンパーニュメゾン(レコルタン・マニピュラン)。アンボネイに近い、上質なシャルドネ産地として知られるヴィレール・マルムリー村に10hほどの自社畑を所有しています。このヴィエイユ・レゼルヴは2003年収穫のシャルドネ80%、残りの20%は蔵のリザーヴワインで構成されており、十分に濃いけれど重くなく、すっきりとした優雅な味わいになっています。

Ⅱ <白> 2003 サンセール アルモニ (ロワール地方)
       生産者:ヴァンサン・ピナール

サンセールのトップ生産者のひとりヴァンサン・ピナール。中でもこのアルモニは生産量2500本しか造られないスペシャル・キュベ。100%新樽で10ヶ月熟成させたソービニオン・ブランは、うっとりするような風味の、まさにアルモニ=調和のとれたサンセールです。

Ⅲ <白> 2002 ピュリニー・モンラッシェ (ブルゴーニュ地方)
       生産者:ドメーヌ・ラリュー

特に畑仕事に力を注いでいるラリュー氏は、今まで以上に剪定を短くして不要な葉や枝を取り除き、収量を少なくするために日々畑に足を運んでいます。(収量を抑える~これはとても覚悟の必要なことです) そんな彼の造るピュアなワインは、フランスのレストランでも人気が高く、蔵に行っても一本も買えない状態なのだとか・・・。これは2002年~シャルドネの当たり年を当店地下セラーで大切に寝かせたものです。

Ⅳ <赤> 02 シノン コトー・ド・ノワレ (ロワール地方)
       生産者:フィリップ・アリエ

フィリップ・アリエはフランス大統領の晩餐会でも飲まれている、シノン地区きっての造り手です。カベルネ・フランのイメージが変わるこのシノンは、シャトー・マルゴーの古樽で熟成させた逸品。辛口評価で名高いフランスワイン本「クラスマン2004」において、なんと10点満点を得ました。

Ⅴ <赤> 2003 フォジェール レ・バスティード (ラングドック地方)
       生産者:ドメーヌ・アルキエ

このワインは、恵比寿のジョエル・ロブション、フランスのポール・ボキューズといった一流レストランにもオン・リストされるほど世界中から注目されています。南仏でも標高が高く、比較的涼しいエリアにある畑で収量を押さえ、丁寧に造られたワインからは、香草やスパイスの力強い香りの中に、上品な甘み、バランスのとれた深さを感じます。余談ですが、人気ワイン漫画「神の雫」のつい最近のコラムで、‘南仏のロマネコンティ’と絶賛されたとか・・・。

Ⅵ <赤> 2002 ペルナン・ヴェルジュレス 1er クリュ レ・フィショー(ブルゴーニュ地方)
       生産者:フォラン・アルベレ

アロース・コルトン村に本拠を置くフォラン・アルベレ。1990年が初リリースといえばそう古くはないドメーヌですが、流行に左右されることなく、テロワールに忠実な造りが評価され、1998年以降、ロマネ・サンヴィヴァン、コルトン、コルトン・シャルマーニュといったグランクリュ畑を任されてから知名度があがりました。ラベルにデザインされた小さな双頭の鷲が、シャルマーニュ大帝へのオマージュにみえます。

(Ch.)
[PR]
by bar_exit | 2007-05-16 21:18 | ワインのメニュー
<< ブラインド試飲解答-試飲会報告... 西田さんの甘熟デコポンジュース... >>


ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧