BAR EXIT


日常からの「出口」で、ワインとチーズはいかが?
by bar_exit
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

メオ・カミュゼのピノ・ノワールにアルノー・アントの弟作アリゴテ

e0110752_20151396.jpg


 今日はいつものBAR EXITとは違うワインが開いています。小規模生産者の扱いが多い当店のワインは、レストラン以外ではまず見かけない希少品なのですが、それゆえ一般には知られておらず・・・まさに知る人ぞ知る、の世界。(ふふふっ、こんなに手軽に飲めるのも今のうちかもしれませんよ)

 でもメオ・カミュゼときたらブルゴーニュ愛好家で知らない人はいないでしょう!? 日本語のサイトもある造り手のメオ・カミュゼは、あの神様~アンリ・ジャイエがかつて小作人として使われていた由緒ある蔵なのです。アンリ・ジャイエの影響があるかどうかは、私などわかりませんが、2003年のあの猛暑のピノ・ノワールを酸をきちんと残しグロゼイユやハーブなど爽やかな香りの一方、タンニンの骨格もあり、それでいてスムーズに流れるワインになっています。今まで飲んだ他の2003年は暑苦しさを感じるものも多かったのですが、これは造りの良さを感じました♪ 社長曰く、マキコレ(当社の主力小規模生産者ワイン)に通じるものがある、だそう。
★2003年 ブルゴーニュ・ピノノワール (メオ・カミュゼ)

 それから白では、あのムルソーの名手アルノー・アント(マキコレです♪)の弟ブノワ・アントが手掛けるブルゴーニュ・アリゴテを紹介しています。お兄さんとはまたひと味違った造りですが、きりっと締まった酸と芯のあるボディでアリゴテの魅力をひきだしています。そういえば最近のアリゴテって、マレシャル(これもマキコレ)をはじめ、みんなおいしく造るようになったんですね。
★2004年 ブルゴーニュ・アリゴテ (ブノワ・アント)

 赤をあと二本。

 ボジョレーエリアからは
★2006年 ジュリエナ (ジャン・マルク・モネ)
 ガメイの美味しさに開眼!? いちごや赤いフルーツよりもっとしっかりした植物を感じます。

 南仏ラングドックのシラーが上品に、バランス良く流れます。
★2005年 コトー・デュ・ラングドック・グラン・キュベ・ルージュ  (ラ・プローズ)
 
 一月も今日で終わりですね。もうすぐヴァレンタイン♪ 熱い愛を感じるワインを飲みたいですね~。(何気に社長にリクエスト・・・)
  
(*Ch.)
 
[PR]
by bar_exit | 2008-01-31 20:15 | ワインのメニュー
<< 次回試飲会のお知らせ コンテ地方のスパークリング >>


ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧