BAR EXIT


日常からの「出口」で、ワインとチーズはいかが?
by bar_exit
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カレラ・ジェンセンとオー・ボン・クリマ・イザベラの日

e0110752_18202716.jpg


 誰もが知っている、けれど希少でなかなか飲むチャンスがないワインを開けちゃおうという企画~「憧れワインの日」、第二回は4年に一度、一日長い2月の最終日に行われました。

先月に続いてカリフォルニアのお宝ワイン2本はどちらもピノ・ノワール♪

‘98 カレラジェンセン ピノノワール・ジェンセン‘00 オーボンクリマ ピノノワール・イザベル
 
 写真で見るとボトルの感じも随分違うのですね。左のイザベルはボトルも重たくコルクも長くて、威厳を感じます。飲み口もふくよかでした。一方ジェンセンは、開けた直後は硬くて香りも味も緊張ぎみ。飲み比べたお客様からはイザベルのほうが好み、という声が多かったです。ところが時間が経つにつれ品のある旨味が余韻にでてきました。その頃イザベルはフラットになりつつあって…いやいや…10年熟成されたカリフォルニアのピノ・ノワールは私もはじめて。未知の部分が多くて驚かされました。カリフォルニアのロマネコンティと称される位だからもっともっと熟成を続けるのでしょうか? そんな会話がバーでできたらまたこのイベントも面白いでしょうね。気軽に声をかけてくださ~い。

(*Ch.)
[PR]
by bar_exit | 2008-03-03 18:23 | イベント報告!
<< ブルゴーニュとアメリカのピノ比べ♪ いっぱい開(空)いてしまいました!! >>


ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧