BAR EXIT


日常からの「出口」で、ワインとチーズはいかが?
by bar_exit
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

2005年マレシャル


e0110752_20575726.jpg


【左】 ’05 ラドワ (仏・ブルゴーニュ) 生産者:カトリーヌ・エ・クロード・マレシャル

まだ、かたい感じはありますが、ようやくカドが取れてきた印象です。
まだ、若さも残るのですが、さすがマレシャル。若いながらも、凝縮された
味わいは感動モノ。

2~3日に分けて飲んでいただくと、丁度いいです。
非常に将来性を感じる1本でした。


【右】 ’06 コトー・デュ・ラングドック カディエール・ルージュ (仏・ラングドック地方)
    生産者: ドメーヌ・ラプローズ

開けたては、自然派ワインの若さからくるほのかな微発泡を感じます。
時間が経つにつれ、味も穏やかになり、飲み頃になります。

実は、このワインは私のお気に入りでもあります。
ラプローズのラインは、白も赤も満足度の高い商品です053.gif

(HANA.)
[PR]
by bar_exit | 2008-12-26 21:08 | ワインのメニュー
<< 2008年を振り返り・・ *年末年始の営業時間のお知らせ* >>


ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧