BAR EXIT


日常からの「出口」で、ワインとチーズはいかが?
by bar_exit
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

2008年 06月 12日 ( 2 )

最高のお気に入りワイン


最近、曇ったり雨が降ったり057.gif、時より太陽が見えたり058.gif・・・

なんだか、数年前まで過ごしていたロンドンの変わりやすい気候と
良く似ていて、非常に懐かしさを覚えています。

さて、本日のバーメニューのご紹介!

e0110752_21473747.jpg
’03 ボーヌ 1er クリュ・モンレヴィノ                   (生産者:ヴァンサン・ダンセール)


2003年と言えば、ヨーロッパでは
歴史的な猛暑が続いた年でした。


そのため、この年のワインは甘味が強いものが
多いのですが、こちらのボーヌは心地よい甘味の中にも
酸味が残る、非常にバランスの良い赤です。


濃さとブルゴーニュのエレガントさが見事にマッチングし、
ローヌ好きの私には、最高のお気に入りワインになりそうです♪


(Hana.)
[PR]
by bar_exit | 2008-06-12 21:49 | ワインのメニュー

マレシャル


マレシャルのワインが多く入荷し、バーでは、待望の’05がメニューに加わりました!

e0110752_2132821.jpg



右より


’05 ブルゴーニュ・アリゴテ
スッキリ、酸味のあるものがアリゴテのイメージですが
マレシャルのアリゴテは輝きのある麦わら色をした、
果実味しっかりのまろやかタイプ。

アフターが非常に心地よいです。


’05 ブルゴーニュ・ルージュ・グラヴェル
濃いです!
ワンランク上のラインと間違えてしまう程の濃さがあります。
時間をかけたら、もっと良くなりそうな1本です。

近々、06ブルゴーニュ・ルージュ・グラヴェルもBARに登場します。



’06 ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・カトリーヌ

こちらは、葡萄の茎ごと醗酵させて造ったもの。
生産者の奥様の名前が入った、コクのある赤。
ラベルが可愛いです。


’06は ’05に比べると、若いながらも早く美味しく飲めます。。
一方、’05は、かなり濃いためもう少し置いてから、また飲みたいです。!


マレシャルを是非味わいにいらして下さい!
6月30日(月)までは常時、マレシャルのワインがグラスでお飲みいただけます。

05のアリゴテは特におすすめです072.gif


(Hana.)
[PR]
by bar_exit | 2008-06-12 21:35 | ワインのメニュー


ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧