BAR EXIT


日常からの「出口」で、ワインとチーズはいかが?
by bar_exit
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カテゴリ:ワインのメニュー( 124 )

自信を持っておすすめできる2本です☆

桜も咲き始め、中目黒界隈もにぎやかになってきました。
おかげさまでバーも忙しくしております。。。
が、それでもおすすめしたいワインが登場しておりますのでご紹介します006.gif

e0110752_1993569.jpg


白ワイン:07 プイィ・フィメ レ・ベル・リーヴ(生産者:ドメーヌ・ド・ラ・ペリエール)
ブログでも何度も書いてきましたが、個人的にソーヴィニヨンブランが大好きなんです。
そんな私も太鼓判066.gif066.gif
まずは若草のような香りにうっとり。。。
そして、ロワールならではのかろやかにしてキレイな酸味。
イチオシの一本です。

赤ワイン:03 コート・ド・ベルジュラック テランガ(生産者:シャトー・レ・オー・ドゥ・カイユヴェル)
03はパワフルな素晴しい当たり年なのですが、飲み頃を間違えると「くどい」ワインになっていしまいます。
そんな03ワインが飲み頃をむかえております。
こちらは重口好きなお客様にもきっと満足していただける一本だと思います。
コストパフォーマンスも抜群ですので是非お試し下さい。

(naoko)
[PR]
by bar_exit | 2009-03-21 19:54 | ワインのメニュー

ロワール地方のシャルドネです☆

久しぶりにバーに出勤しましたら。。。
ロワールのお気に入り生産者・ギイ・アリオンのワインが。。。ラッキー072.gif071.gif

でもロワール産なのに「ソーヴィニヨン・ブラン」ではなく「シャルドネ」ではありませんか@@

e0110752_2061184.jpg07 シャルドネ・シェーヌ (生産者:ギイ・アリオン)
このワインはロワール地方の生産者が造り出すシャルドネなんです。
やはりブルゴーニュのシャルドネとはどこか違った雰囲気です。
ほのかにメロンのような香り、味わいはシャルドネだけあってロワールにしてはしっかりめですが、酸はやわらかく、芳醇なシャブリ・ロワール風味というかんじでしょうか。
そして、3000円台の風格が065.gif(実際は○○○○円ですよVVV)

(naoko)
[PR]
by bar_exit | 2009-02-19 21:00 | ワインのメニュー

ワインがたくさん開いております♪

今日はでぐちやならではのマキコレワインと巷で人気の作り手さんのワイン。。。
いろいろとご紹介します。

e0110752_19385840.jpg06 ブルゴーニュ・シャルドネ 
(生産者:カトリーヌ・エ・クロード・マレシャル)
ACブルゴーニュとは思えないバランスの良さです。
果実味の後にくる複雑な味わいは村名ワイン並みです。



e0110752_1942428.jpg
06 ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ ルージュ
(生産者:ミッシェル・グロ)
巷で人気のミッシェル・グロの登場です。
もう少し果実味がほしいところ。。。マキコレワインとはまた雰囲気の違うワインです。


e0110752_19442398.jpg05 マルキ・ド・プウヴェール コルビエール
(生産者:シャトー・ド・カブリアック)
お値ごろ感で人気のカブリアックのワイン。
某レストランさんでも人気の一本なのがわかります。
しっかりとしたアフターはボルドー派にもおすすめ。



(naoko)
[PR]
by bar_exit | 2009-01-14 19:53 | ワインのメニュー

05マレシャルが美味しくなってきました↑

個人的にポマールにはまっておりまして。。。
新年初出勤、いきなりポマールが開いていてお喜び中。
早速ブログにアップです061.gif

05 ポマール レ・シャニエール (生産者:カトリーヌ・エ・クロード・マレシャル)
05のワインはしっかりした造りで開けるタイミングが難しい。
開ける前は多少不安もありましたが、取り越し苦労でした。
開けたてからマレシャルらしいピュアな果実味。
時間がたつとまた落ち着いたうまみがどんどんとでてきました。
もっともっと美味しくなる予感。

そして、もう一本おもしろいワインが開いています。

06 ヴァン・ド・ペイ・ドック カベルネソーヴィニヨン (生産者:ドメーヌ・ド・カブリアック)
前年までのこのワインの印象は。。。少しスパイシー過ぎ???
しかし06産は繊細さも加わりとっても良くなっております。
そして、カベルネ100%のはずが。。。
どことはなく南の品種(シラーなど)が混ざっているような味わいがあるので不思議です。

e0110752_181327100.jpg


(naoko)
[PR]
by bar_exit | 2009-01-10 18:15 | ワインのメニュー

2005年マレシャル


e0110752_20575726.jpg


【左】 ’05 ラドワ (仏・ブルゴーニュ) 生産者:カトリーヌ・エ・クロード・マレシャル

まだ、かたい感じはありますが、ようやくカドが取れてきた印象です。
まだ、若さも残るのですが、さすがマレシャル。若いながらも、凝縮された
味わいは感動モノ。

2~3日に分けて飲んでいただくと、丁度いいです。
非常に将来性を感じる1本でした。


【右】 ’06 コトー・デュ・ラングドック カディエール・ルージュ (仏・ラングドック地方)
    生産者: ドメーヌ・ラプローズ

開けたては、自然派ワインの若さからくるほのかな微発泡を感じます。
時間が経つにつれ、味も穏やかになり、飲み頃になります。

実は、このワインは私のお気に入りでもあります。
ラプローズのラインは、白も赤も満足度の高い商品です053.gif

(HANA.)
[PR]
by bar_exit | 2008-12-26 21:08 | ワインのメニュー

フランシュ・コンテ地方から個性派白ワインの登場

めっきり寒くなりました002.gif
お客様にインフルエンザをうつしたら大変ですからそろそろ予防接種しないといけないですね。

今日はバーに登場した珍しいワインのご紹介です。

*06 オーセロワ (生産者:ヴィニョーブル・ギョーム)*

e0110752_21211495.jpgフランシュコンテ地方の北部はアルザス地方に近いせいかアルザスで造られるオーセロワという品種のワインです。
色合いは想像よりも濃くて素晴しい輝き。
期待が膨らみます。
香りはフルーツのシロップ漬けのよう。
しかし、アタックはしっかりと酸もありバランスの良いこと053.gif


なんとなくいくつもの顔を持つこのワインにひき付けられてしまいご紹介してみました。

(naoko)
[PR]
by bar_exit | 2008-11-06 18:18 | ワインのメニュー

山羊のチーズ×ベルジュラック♪

美味しいベルジュラック地方のワインが登場しました。

ボルドー地方のすぐ東にあるベルジュラックはメルローやカベルネを使用し
味わいもボルドータイプです。

私は、ボルドー特有の青臭い香りや茎っぽい感じが苦手で、
あまり好んで飲みません・・・

が、今回バーに登場した、ベルジュラックは青臭さがなく、渋みはあるものの
悪い渋みではなく飲みやすい1本です!

お出ししている山羊のチーズとの相性もGOOD049.gif072.gif

e0110752_215365.jpg


こちらの山羊のチーズは、栄誉あるM.O.F.(フランス最高職人賞)を受賞された
ロドルフ・ル・ムニエ氏が熟成させた、コクと深みのある逸品です!


(Hana.)
[PR]
by bar_exit | 2008-10-20 21:21 | ワインのメニュー

ボジョレー地区のスパークリング


少し珍しいスパークリングがバーに入りました。

e0110752_19101336.jpg



左側・・・NV ベル・ビュル・ブラン (仏ブルゴーニュ)

ブルゴーニュのボジョレー地区で造られたスパークリング。
ベル・ビュル(美しい泡という名前です)。
当店で人気の「ムーラン・ア・ヴァン」の生産者ジャン・モルテの息子さんが
新しい試みとして造りました。
泡は軽めですが、後味と余韻が素晴しい1本です。
ベースの白ワインにいいものを使っている証拠ですね。


右側・・・’06 ヴェルメンティーノ (仏ラングドック)

徐々に広がる酸味が、とても後を引く味わいです。
トロピカルな香りと、ほのかな甘さが絶妙。

本日ご来店下さったお客様は気に入って下さり、1本ご購入されました。
コストパフォーマンスの高い人気の商品!おすすめです。

(※お得情報・・・BARにご来店のお客様は、ラインナップのワインをお買上げいただくと、
  会計時に10%オフになるんですよ~037.gif




(Hana.)
[PR]
by bar_exit | 2008-10-18 19:18 | ワインのメニュー

夏の終わりに・・・


こんにちは。

最近、あまりよい天気が続かないですね・・・057.gif
早く、気持ちの良い秋晴れが続く日がくるといいですね。


そんな、夏の終わりにサラっと、またゆっくり味わいながら飲める
2タイプの白を紹介します!


e0110752_1832650.jpg



まずは、向かって右から。

■ ’05 ソーヴィニヨン・ブラン (シャトー・ド・モンパザ)

南フランスのソーヴィニョンにしては、酸・清涼感も感じられ気楽にクイクイ
いけるタイプです。口当たりも良い1本。


続いて、左から。

■ ’05 サヴィニー・レ・ボーヌ・ブラン (クロード・マレシャル)

やってきました!
ようやくバーに登場した、2005年のサヴィニー・レ・ボーヌ・ブラン072.gif
最初に口にふくむと、熟した果実の風味が広がり、そして飲み干した後の余韻の
ながさと後味のキレイさは、感動ものです。

シフトの都合で、楽しみにしていたワインに当らない時もあるのですが、
今日は念願のこの1本にあたりラッキーな日!

とても飲みたかった1本だったので嬉しさ倍増でした。
また、他の場所でも飲みたいと思える白です。

是非、お試し下さい001.gif


(Hana.)
[PR]
by bar_exit | 2008-08-30 18:21 | ワインのメニュー

最後まで美味しい赤


ガメイ100%なのに、とても濃い色、やわらかい風味、しっかりとした骨格。


e0110752_1833111.jpg



 ’05 ブルゴーニュ・グラン・オルディネル (アルノー・アント)

アルノー・アントの2005年ものがバーに初登場しました。
この年から、蝋キャップになり、少し開けるのに苦労しましたが、
最後の一滴まで飲み切り確実です。


お客様にはお出しできない、瓶底にたまるオリの部分が残っていたので試しに
飲んでみたのですが、苦味や渋みなく酸のキレイな味を楽しめました037.gif


ストロベリーなどの赤果実系の香りが広がり、若いながらも非常に良くできた
1本です。


(Hana.)
[PR]
by bar_exit | 2008-08-29 18:34 | ワインのメニュー


ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧