BAR EXIT


日常からの「出口」で、ワインとチーズはいかが?
by bar_exit
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カテゴリ:ワインのメニュー( 124 )

アルザスから南仏まで・・・

こんにちは。
スタッフのCh.です。

7月に突入しましたね。梅雨はまだあけないけれど、もうすぐ夏休み~な気分♪(実際お気楽主婦に夏休みもなにも関係ないですけど)

ああぁ、旅に出たい!
日の長い、21時になっても薄明るい夏のフランス、ヨーロッパへ、行きたいなぁ・・・。

日が沈む頃、外で飲むアペリティフが幸せなんです。
例えば、スパークリングワインですっきり♪

☆★☆クレマン・ド・ロワール (ロワール地方 生産者:ギイ・アリオン)

 王侯貴族が競って建てた古城が河沿いに点在するロワール河周辺では、柑橘系の香りが爽やかなソービニヨン・ブランのスパークリングワインが造られます。これはシャルドネとソービニヨンブランのブレンド。

 柑橘系の香りつながりで、でこぽんジュースと合わせたカクテル・ミモザも◎です。

☆★☆2005年 トケイ・ピノ・グリ (アルザス地方 生産者:ルネ・フレイツ・エシャール)

 ドイツと国境を接するアルザス地方のワインは、大概ぶどう品種がワイン名になっているんです。リースリング、ゲヴルツトラミネール、ミュスカ、ピノ・グリ・・・、どれもアロマティックな香りを楽しむ白ワインは、キリリと冷やしてアペリティフにもいい感じ。

 またアルザスは、フランスきっての郷土菓子王国。ピエール・エルメをはじめ、有名パティシエにアルザス出身者が多いのもうなずけますよね。私はこのこくのある甘い香りのピノ・グリを、レーズンとアーモンド入りの甘酸っぱいアルザス菓子・クグロフにあわせてみたくなりました。

☆★☆2006年 マルサネ・ブラン・レ・シャン・ペルドリ (ブルゴーニュ地方 生産者:ドメーヌ・マルク・ロワ)

 ワイン好きなら一度は巡礼するブルゴーニュのコート・ドール、その一番北に位置するAOCがマルサネ、いわば入口です。マルサネといえばロゼが有名ですが、白も捨てたもんじゃないですね。このマルク・ロワという造り手は、ジュヴレ・シャンベルタンに本拠を置くドメーヌで、四代目の娘が引継いでから一躍桧舞台に躍り出た凄腕だそうです。その実力をこのマルサネで確かめてみてください! 

☆★☆2005年 オークセイ・デュレス (ブルゴーニュ地方 生産者:カトリーヌ・エ・クロード・マレシャル)

 当店ブルゴーニュの顔! ともいえる作り手マレシャル。 BAR EXITでは開催中のマレシャル週間~今おだししているのが、オークセイ・デュレス。

 覚えやすいような・にくいようなこの地名はコート・ドールの南側、ボーヌ地区の、白ワインで裕福なムルソー村の西側にあたります。コート・ドール北側ニュイの赤ワイン(ジュヴレ・シャンベルタン、ヴォーヌ・ロマネなど)が男性的な力強さと野趣が特徴とすれば、ボーヌ側の赤はえてして女性的果実味に溢れ、ベリー系の薫りと酸味が誰にでも親しみやすいピノ・ノワールとなります。

 このオークセイ・デュレスもまだ若々しく固さはありますが、ホッとする甘さやうまみが心地良い余韻に残ります♪ 人気生産者なので飲む方もお買い求めの方もお早めに! BARで飲んだあとならその場で割り引きあり★です。

☆★☆2003年 フォジェール (ラングドック地方 生産者:エシュ・パニエ)

 ワインのラベルをよく見ることがありますか? 生産者のところに、ネゴシアン…とかついていると、なんだ買い取ったぶどうワインかぁ、なんてがっかりして、ドメーヌ(栽培と生産を自社でする)…を探したりしませんか? ルロワとかルイ・ジャドなんかは私もチェックしますけれど、ネゴシアンのあとにエルヴールと書いてありますよね。エルヴールって飼育する人って意味なのですが、ワインはアルコール発酵が終わったからってすぐに飲めるもんじゃないですよね。その後熟成という成長過程があって、それを上手にするか否かが重要なんです。

 で、今回紹介するのが、南仏の地で上手にワインを育てているのがエシュさんとパニエさんの名コンビ。シラー、ムールヴェードル、グルナッシュ、カリニャンという典型的な南仏の品種をうまくブレンドし、数種の樽で熟成させ、これまたバランスよくブレンドし、繊細さも備えた複雑味あるワインに仕上げています。大手シャンパーニュメゾンで働いていた経歴がものをいっていますね♪

 ちなみにフォジェールは、地図で見ると地中海から40kmほど内陸でしょうか…。ニームとカルカソンヌの間くらい。今ごろ昼間は灼熱!?、様々な果実やフルーツがたわわでしょうね。

 いかがでしたでしょうか? 最後までお付き合いいただきありがとうございます。

★☆★BAR EXITは…でぐちや店内奥で営業しております。詳しくはこちらをクリック!
[PR]
by bar_exit | 2008-07-02 21:10 | ワインのメニュー

キレイ系シャブリの登場です

こんばんは。ご無沙汰しております。

私事ですが、先日釣りに行ってきました。
初めての船釣りです。4時起きです。
いざ出船!
潮風が気持ちよい!気分はインディージョーンズもしくはタイタニック?

シャブリでも持ってきて船上で飲んだら良かったね~~~~」

そしたら今日のメニューはそんなイメージにぴったりなシャブリじゃないですか☆

e0110752_20274015.jpg05 シャブリ 1erクリュ ヴォージロー (生産者:ドメーヌ・ウーダン)
ステンレス醗酵のキレイ系シャブリ。
でもただスッキリしているだけではなく、複雑さもあります。
ちなみにシャブリの中では社長の一番好きな生産者だそうです。(私はポミエかなぁ。。。???)



私の釣果ですか?
鯖3匹、鯵2匹、いしもち1匹、鰯2匹です066.gif

(naoko)
[PR]
by bar_exit | 2008-06-19 20:38 | ワインのメニュー

ミュスカデ


梅雨の中休みで、ここ数日とても良い天気が続いていますね。

しかし、暑い。
日射しも容赦ない・・・


そんな太陽の暑さにやられてしまった日にピッタリなワインが新登場です!

e0110752_19435215.jpg


         ―’06ミュスカデ セーベル・エ・メーヌ キュヴェ・エデン(ドメーヌ・ド・ラ・ペリエール)―



個人的にラベルが好み♪


ミュスカデといえば、シャブリと共にフランスで最も知られている白ワイン。 
酸味とスッキリとした味わいが特徴です。

こちらのドメーヌ・ド・ラ・ペリエールのミュスカデも、酸味の強い辛口。
ただスッキリしているだけではなく、非常にフルーティーで後味の良い1本です。


旨味が詰まっています。
ミュスカデ=安いワインというイメージが変わります!


是非味わいにいらして下さい。


(Hana.)
[PR]
by bar_exit | 2008-06-16 19:55 | ワインのメニュー

最高のお気に入りワイン


最近、曇ったり雨が降ったり057.gif、時より太陽が見えたり058.gif・・・

なんだか、数年前まで過ごしていたロンドンの変わりやすい気候と
良く似ていて、非常に懐かしさを覚えています。

さて、本日のバーメニューのご紹介!

e0110752_21473747.jpg
’03 ボーヌ 1er クリュ・モンレヴィノ                   (生産者:ヴァンサン・ダンセール)


2003年と言えば、ヨーロッパでは
歴史的な猛暑が続いた年でした。


そのため、この年のワインは甘味が強いものが
多いのですが、こちらのボーヌは心地よい甘味の中にも
酸味が残る、非常にバランスの良い赤です。


濃さとブルゴーニュのエレガントさが見事にマッチングし、
ローヌ好きの私には、最高のお気に入りワインになりそうです♪


(Hana.)
[PR]
by bar_exit | 2008-06-12 21:49 | ワインのメニュー

マレシャル


マレシャルのワインが多く入荷し、バーでは、待望の’05がメニューに加わりました!

e0110752_2132821.jpg



右より


’05 ブルゴーニュ・アリゴテ
スッキリ、酸味のあるものがアリゴテのイメージですが
マレシャルのアリゴテは輝きのある麦わら色をした、
果実味しっかりのまろやかタイプ。

アフターが非常に心地よいです。


’05 ブルゴーニュ・ルージュ・グラヴェル
濃いです!
ワンランク上のラインと間違えてしまう程の濃さがあります。
時間をかけたら、もっと良くなりそうな1本です。

近々、06ブルゴーニュ・ルージュ・グラヴェルもBARに登場します。



’06 ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・カトリーヌ

こちらは、葡萄の茎ごと醗酵させて造ったもの。
生産者の奥様の名前が入った、コクのある赤。
ラベルが可愛いです。


’06は ’05に比べると、若いながらも早く美味しく飲めます。。
一方、’05は、かなり濃いためもう少し置いてから、また飲みたいです。!


マレシャルを是非味わいにいらして下さい!
6月30日(月)までは常時、マレシャルのワインがグラスでお飲みいただけます。

05のアリゴテは特におすすめです072.gif


(Hana.)
[PR]
by bar_exit | 2008-06-12 21:35 | ワインのメニュー

サントーバン


当店おなじみの生産者ドメーヌ・ラリューの ’04サントーバン ダンデ・シアン が、
                                      バーメニューに登場です!


e0110752_20231194.jpg



072.gif’04 サントーバン 1er クリュ ダンデ・シアン (ブルゴーニュ地方)

ル・モンラッシェの近くにある畑で、もっとも掘り出し物のサントーバンだそうです。
トロピカルな香りと上品な樽の風味が感じられる高級感のある白ワイン。
登場したばかりですが、大人気です。

お早めにどうぞ。

(Hana.)
[PR]
by bar_exit | 2008-06-07 20:35 | ワインのメニュー

☆ポミエ最高☆

05シャブリ クロ・オーモワンヌ (生産者:デニ・ポミエ)


e0110752_18511867.jpg



樽熟成の名手・ポミエの造り出すシャブリです。
何一つとっても欠点なしのパーフェクトワインと言えるでしょう。

香りは白いお花畑の後ろに樽の香りがソフトに漂います。
味わいはシャブリ特有の石灰ぽさもありますが、もう少し複雑さがあり、
甘味、酸味のバランスも完璧。
アフターがまた素晴しく、嫌味でなく上品な樽熟感と共にミネラル感が残ります。

と、偉そうにコメントしましたが、伝わりましたでしょうか???

社長曰く、ポミエの赤ワインが入荷したとか!
こちらも楽しみです058.gif


(naoko)
[PR]
by bar_exit | 2008-06-05 20:41 | ワインのメニュー

珍しい赤ワインのご紹介です!

たまたま個性派赤ワインが2本バーに並びましたので2本まとめてご紹介。

05 ブルゴーニュ グラン・オルディネル (生産者:ミッシェル・マルタン)

ガメイ100%のグランオルディネルです。
香りは甘くチャーミング、味わいは生き生きとした酸が特徴的な個性派です。

ラ・サボニート (生産者:クロ・デュ・モン・オリビエ)
人間の身長よりも大きなローヌの熟成樽。
その樽の中で古酒と新酒をブレンドして造り出されたワインです。
グルナッシュ、シラー、サンソー、ムールヴェードル他のブレンド。
どの品種が突出することなくうまく混ざり合い、飲みやすいローヌワインに仕上がっています。

e0110752_18455442.jpg


(naoko)
[PR]
by bar_exit | 2008-06-05 18:48 | ワインのメニュー

サンセールらしいサンセール

e0110752_211248100.jpg05 サンセール キュベ・フローレス(生産者:ヴァンサン・ピナール)のご紹介です。
私は個人的にサンセールというのはとってもとっても大好きで、
「仕事の後の1杯目はサンセールください!」派なのです。

それでもって!!!
そこででてくるのはサンセールらしいサンセールでないと嫌なのです。

柑橘系の香りに混ざる若草のような香り、味わいにもそのニュアンス。。。
しっかりとした造りが多くなってきたサンセールですが、こんな爽やかなサンセールらしいサンセールで一緒に梅雨空を吹き飛ばしましょう049.gif

(naoko)
[PR]
by bar_exit | 2008-06-03 21:26 | ワインのメニュー

飲まなきゃ損!


紫外線が気になる今日この頃です。
つい日焼け止めクリームをつけずに外出すると、あっという間に
小麦肌に近くなってしまいます。恐ろしい・・・


ワインに美白効果があったらいいのになぁ。072.gif


さて、ここ最近バーでお出ししている白ワインの中で、ベストといっても良いくらい、
美味しい!社長おすすめワインの登場です!


e0110752_19204742.jpg



05 サントーバン 1er クリュ レ・コンブ (生産者:ドメーヌ・ラリュー)

当店の人気生産者ドメーヌ・ラリューの白ワイン。
サントーバンの05を開けたのは今回が初めて。やさしい樽の香りと酸味が、複雑でありながら上品な味わいを生み出しています。
酸味や果実味、樽の風味も全てが絶妙に絡み合い、とてもまろやか!!
長い余韻もあります


本当に美味しい白ワインです!!
これは飲まなきゃ損!



時間と共に変化する繊細な味わいを堪能してみてください。



(Hana.)
[PR]
by bar_exit | 2008-05-28 21:38 | ワインのメニュー


ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧