BAR EXIT


日常からの「出口」で、ワインとチーズはいかが?
by bar_exit
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

6月の試飲会を終えて

6月23日(土)、天気予報が見事にはずれて、シャンパン日和となりました。

e0110752_15174597.jpg


新米スタッフの私は「シャンパンって苦手ー」と生意気なことを。。。
すみません、今回のラインナップには驚かされました。
どれも皆個性的!
皆様の好みが顕著にわかれるところも、瓶の上部と下部では泡の質が違うことも
とっても勉強になりました。
シャンパンもいいですね~~~。

e0110752_15212766.jpg


今回の17種類はお買い得なものが目に付いたように思います。
白は「04 ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リー キュヴェ・エデン(ドメーヌ・ド・ラ・ペピエール)」。
まず青リンゴのようなフレッシュな香り、味わいは始めは少し酸をきつく感じるものの、
しだいに溶け合いとてもバランスが良く、魚介類のマリネとあわせたい衝動に駆られます。
赤では「05 ヴァン・ド・ペイ・ドック シラー(ドメーヌ・カブリアック)」。
三千円台のワインにおとらぬふくよかな香り。
味わいも千円台とは思えないほどのの凝縮感。
これは夏のデイリーワインにぴったりです!!!

尚、今回のブラインド試飲の答えは「04 サヴィー・レ・ボーヌ ブラン(ミッシェル・マルタン)」でした。
ピノ・ブーロという希少品種。
社長からの意地悪な出題でしたね。。。いえいえ、勉強になりましたね。

来月はワイン試飲会はお休み、日本酒試飲会を予定しております。

(naoko)
[PR]
by bar_exit | 2007-06-29 15:48

BARの、新しい目印。

その到着を、
心待ちにしていたものが、
ついに!やってきました♪
それは、なにかっていうと・・・。


e0110752_2124552.jpgジャジャーン!
BAR EXITのロゴ入りの樽です。
ドーン、と入口に置いちゃいました。
なかなかいい雰囲気だと思いませんか??
けっこう満足な出来上がりです。

e0110752_2125792.jpg看板にも(夜になると光ります☆)
ロゴははいっているのですが、
どうしてもこの樽にいれたくって
オーダーしたのでした。

ご来店の際は、みてやってくださいね。
(yoko*)
[PR]
by bar_exit | 2007-06-28 11:11 | About BAR EXIT

7月1日より次々に新アイテムが!?

 今まで、半月ごとにメニュー変更をしていましたが、何度も来ていただいてるお客様に申し訳ないっ、いろんな種類のワインを飲んで頂きたいっということで、7/1より、各ワイン1本無くなり次第終了で、次々に新アイテムにメニューを変更していきます☆
新しいワインを入れるごとに、ブログに載せていきますので、お見逃しなく♪
すぐに無くなってしまうワインも出てきてしまうと思います。その時は申し訳ございません(><)
 
 e0110752_20252986.jpg
7/1からのメニューの一押しは、前々から私が大好きとコメントしている、ブルゴーニュ地方の「カトリーヌ・エ・クロード・マレシャル」の白と赤です!本国フランスのショップ、レストランでも引っ張りだこの人気ドメーヌです。
 白は、『04 ブルゴーニュ・アリゴテ』で、このワインを初めて飲んだときに、あまりの美味しさに驚き、一気にマレシャルのファンになってしまいました☆優しい味わいですが余韻が長く、ずっとこの余韻に浸りたいと思うほどでした。必ずやアリゴテのイメージが変わります! 100ml ¥600  50ml  ¥350 
赤は、『02 ショレイ・レ・ボーヌ』で、透明感はありますが、ギュッと詰まった旨味があって、これぞピノ・ノワールの真髄!と言ってしまうほど。  
100ml ¥800  50ml ¥450
 自信を持っておすすめします☆ぜひ、早めのご来店を♪

 
 もちろんその他のメニューも、すばらしいワインばかりです☆100ml¥500~でお飲み頂けます。
<泡>
 アルザス地方 『N/V クレマン・ダルザス』  ※繊細な泡が魅力!シャンパーニュにも負ない美味しさ
  生産者;ルネ・フレイツ・エシャール    100ml ¥600                    
<白>
 ロワール地方 『05 トゥーレーヌ・ソーヴィニオン』 ※心地よく飲めて、これからの季節にピッタリ!  
  生産者;ドメーヌ・デュ・オーペロン    100ml ¥500            

 ラングドック地方『04 ドーピアック・ブラン』  ※南仏らしい香りを持ったボリューム感のある白ワイン
  生産者;ドメーヌ・ドーピアック    100ml ¥800  50ml ¥450           
<赤>
 ボルドー地方 『02 プピーユ』  ※ワイン批評紙「ゴミーヨ」でお買い得ボルドー第1位に  
  生産者;シャトー・プピーユ    100ml ¥900  50ml ¥500
 
[PR]
by bar_exit | 2007-06-25 19:03 | ワインのメニュー

‘BAR EXIT 感謝デー・チーズ食べ放題ビュッフェ’開催!!!

「BAR EXIT」がオープンして半年。
日頃の感謝を込めまして、6月30日土曜はチーズ食べ放題ビュッフェを行います。

およそ15種類のチーズのほか、はちみつといった普段ないトッピングなど、とにかくチーズを楽しく召し上がっていただけたらなぁ~とあれこれ思考中です。(ギリギリまで悩みます!)

*会費はお一人様¥1000
*17時30分~ラストオーダー21:30

時間制限は特に設けませんが、ワイン・ビール・ミネラルウォーターなどドリンクの注文をお願いします。

お一人様ずつ、一度につき5種類まで、お好みのチーズを伺ってお出しするオーダービュッフェ形式です。もちろん何度同じものをオーダーしていただいても構いません。なので人気のチーズは早くなくなってしまうかもしれませんがご了承ください。

たくさんのお客様のお越しをお待ちしております。

(Ch.)
[PR]
by bar_exit | 2007-06-21 19:58 | お知らせ&イベントなど

6/16~のワインメニュー

6/16からはイタリアワイン特集、第二弾!と致しまして、かの有名な造り手のワインや、一部貴腐も付いてる一押し白ワイン等等、すばらしいラインナップですので、ぜひお立ち寄り下さいませ♪


e0110752_18484498.jpgⅠ<泡> プロセッコ・ディ・コネリャーノ ヴァルドッビアデーネ
      生産地;ヴェネト州  生産者;ラ マルカ       

 柔らかく果実味がありますが、かすかに甘味を感じる柔らかな口当たりをもったスパークリングです。この味わいでグラス¥500は驚きです!この暖かくなってきたちょっと1杯飲んで帰りたいな~と思ったときに、オススメのお値段と味わいです☆

  グラス/¥500



e0110752_19404419.jpgⅡ<白> 2005 ガルガネーラ ガルダ
      生産地;ロンバルディア州  生産者;ピオーナ

 低温からゆっくりと発酵を開始するという、モダンで良質な白ワインを造る生産者が共通して行っている手法を採用し、たいへん綺麗なアロマが感じられる仕上がりです。樽は用いず、フレッシュな青リンゴを思わせる香りと、クリーンで良質な果実がバランスよく構成されて、何杯でも飲みたくなってしまうでしょう☆

  100ml/¥800  50ml/¥450



e0110752_1949169.jpgⅢ<白> 2003 ヴェルディッキオ ディ カステッリ ディ イエージ クラシッコ
      生産地;マルケ州  生産者;サルタレッリ

 今回の特集の一押し!サルタレッリの最上級ワインです!!
なんと一部に貴腐も付いていて、濃厚で美しい印象です。熟したリンゴや蜂蜜、タイムの薫り高いノーズがあり、濃縮されたまろやかな風味があります。

  100ml/¥1000  50ml/¥550



e0110752_2026259.jpgⅣ<赤> 2005 ドルチェット・ダルバ
      生産地;ピエモンテ州  生産者;ブルーノ・ジアコーサ

 ブルーノ・ジアコーサは、かのロバート・パーカー氏が「…寡黙で威厳のある、ワイン醸造の天才…イタリアの中で最も商業的に走らず、自分のワインに耳を傾ける造り手」と評しています。通り一遍のマニュアルは持たず、醸造期間中は片時も目を離さないで、その都度最良と思われる策を施す、その為、他の造り手にはないフィネスが感じられるワインに仕上がります。この生産者のワインの飲まないと、イタリアワインは語れないでしょう。

100ml/¥700  50ml/¥400



e0110752_2030540.jpgⅤ<赤> 2004 バルベーラ・ダルバ ラ・ロジーナ
      生産地;ピエモンテ州 生産者;エルバルーナ

 前回のバローロに続き、今回もエルバルーナのワインを飲んで頂けます☆ブドウの出来が良い年のみ造られる特別なキュヴェで、オーナーのお爺さんの名前が付けられています。キメ細やかでエレガントな味わいです。

  100ml/¥800  50ml/¥450



e0110752_20344544.jpgⅥ<赤> 2004 ブランカイア・トレ
      生産地;トスカーナ州  生産者;ブランカイア

 ブランカイアは、毎年国内外で数々の賞に輝いている作り手です☆滑らかな果実味とエレガントなタンニンがバランスよく感じられ、コストパフォーマンス抜群のワインです。
ブドウ品種は、サンジョベーゼが80%、メルロ、カベルネ・ソーヴィニョンが20%です。

  100ml/¥900  50ml/¥500 
 
[PR]
by bar_exit | 2007-06-14 12:31 | ワインのメニュー

6月30日は‘チーズ食べ放題’やります!!!

BAR EXITがオープンして早半年!

そろそろ何か、BAR EXITらしいイベントができないかなぁ~と企んでみました。


今月末*6月30日土曜日は

BARの厳選チーズを食べ放題にしちゃいます。


*チーズビュッフェ:お一人様 ¥1000円

単にチーズをお出しするだけでなく、普段はメニューに無い、チーズをより美味しく楽しむための‘ちょっとしたもの’も出しちゃいます。

イタリア特集のワインとともに、ぜひこの機会にいろんなチーズを食べ比べてみてください。

詳しくはまた後日~♪

(Ch.)
[PR]
by bar_exit | 2007-06-13 19:09 | お知らせ&イベントなど

芍薬を、鎌倉彫で愛でる。

e0110752_234943100.jpgバーのコーナーに、今かけてあるのは
鎌倉彫の芍薬。

やわらかな照明があたると、
よりその花びらの陰影がくっきりと浮かび上がります。


e0110752_23514239.jpg

この作品は、実は私の祖母が趣味で作ったもの。
もうずいぶん前になりますが、目の前で彫っていたのを
幼い私はじーーっとみていたのを覚えています。

「こういうのはね、失敗がきかないから
心をこめてひとつひとつ刀をいれるのよ。」

と、自分に言い聞かせるように何度もつぶやいていたっけ。
完成した作品が、塗りにだして戻ってくるのがとても楽しみだった。

今、祖母の手では生み出せないけど
この季節には毎年飾って、みなさんに愛でていただこうと思います。
(yoko*)
[PR]
by bar_exit | 2007-06-07 00:54 | About BAR EXIT

ステキでおちゃめな、植田洋子さんの絵。

e0110752_23344959.jpg私が植田さんの絵を初めてみたのは、「フィガロ・ジャポン」の誌上。
ワイン、という形のないものを、
その味やそのワインにまつわる背景をからめて
ひとつの絵に表現していて、
そこから凝縮した「フランス」を感じたのを覚えています。



e0110752_2335593.jpg数年後、展覧会で思わず購入してしまった、2枚の絵。
その時すでに、いずれお店に飾ろう!!
と心に決めていたのでした。

バーにいらした方がyokoというサインをみて、
「もしかして、描かれたのですか?」
と聞かれることもありますが、、、、。恐れ多い!!
聞けないけど、そうかなーって思っていた方、
ぜひこの本を読んでみてくださいね。


e0110752_23403283.jpg■「VinVinVIn(ヴァンヴァン
ヴァン) モードはワイン」
 絵と文:植田洋子
 (バーに置いてあります!又この2枚の絵の説明も写真入りで載っています。)



そのフィガロで掲載していた記事を、一つの本にまとめたものです。
絵もステキだけど、文章がウイットに富んでいて、すごく楽しい!!
ワインって難しい顔をして飲むものじゃなくって、楽しんで飲むべき!と改めて感じさせてくれます。
その他、ディープなパリの生活を垣間見れるエッセイ「スノッブパラダイスinParis」や
イラストを担当された「リッツ・パリのカクテル物語」もオススメ。

e0110752_23424826.jpgワインを片手にこんな本を読むのも、
なかなかいい時間だと思いませんか?

(yoko*)
[PR]
by bar_exit | 2007-06-06 22:34 | About BAR EXIT

小さくてかわいい~~~。。。だけど存在感あり@@

トルー・ドゥ・クリュという小さいチーズがやってきました。
小さい!
かわいい!
しかし、存在感は今までお店で扱ったチーズの中では金メダル候補NO.1です。
マールという蒸留酒で洗ってあるブルゴーニュ生まれのチーズ。
芳醇な香り、表皮と同じくねっとりとした味わいの中に木の実やミルクのニュアンス。
当然ブルゴーニュの赤ワインは合うに違いない、
でも、今はイタリアワイン特集。。。
いろいろと合わせてみました結果、やはり「バローロ」とはお互いを引き立てあって良いかんじ。
しかし、意外にもさっぱり系の「ガヴィ」とも好相性。
複雑なチーズをさらっと白ワインで♪
そんな奥深いこの小さいくせもの、皆様も召し上がってみませんか?


e0110752_21194457.jpg


(nao)
[PR]
by bar_exit | 2007-06-05 21:21 | おすすめチーズ


ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧