BAR EXIT


日常からの「出口」で、ワインとチーズはいかが?
by bar_exit
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2009年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

これからの季節におすすめの白

こんにちは001.gif
桜も散り、賑やかさも落ち着いてきた中目黒ですが、これからの新緑の目黒川沿いも本当にきれいでオススメです058.gif

さて当店BAR EXITに、これからの季節にオススメの「白」2本が入りました003.gif
ご紹介いたします072.gif
e0110752_22104986.jpg
1本目...
’06 ミュスカデ・セーベル・エ・メーヌ  キュヴェ・エデン (生産者: ドメーヌ・ド・ラ・ペピエール)

有機農法で造られた、仏・ロワール地方の白ワイン。
ロワールの白はフランスでも有名で、なおかつ人気のあるミュスカデ。
フルーティで酸味があるのですが、まろやかさもあるのがこのワインの特徴。 これからの季節、爽やかに飲めそうです072.gif

続いて、2本...
’06 ブルゴーニュ・シャトー・ジェルマン ブラン (生産者: ドメーヌ・シャトー・ドゥ・ショレイ)

こちらはブルゴーニュ地方。 品の良い樽の使いが感じられます。 密の香りがし、味わいは複雑味があり高級感漂う、本当に優れものの1本。 コストパフォーマンスにも優れており、本当にオススメです011.gif 是非味って下さい010.gif


優れもののワイン勢ぞろいのBAR EXIT053.gif 是非ともご来店お待ちしております053.gif010.gif

(Naomi)
[PR]
by bar_exit | 2009-04-16 19:24 | おすすめのワイン

ドメーヌ・ビヤー VS ピエール・コルニュ・カミュ

4月15日(水)はドメーヌ・ビヤーとピエール・コルニュ・カミュの飲み比べです。
e0110752_21555771.jpg
◇ドメーヌ・ビヤー(マキコレ)
            2007ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ・ルージュ

サン・ロマン村の若手生産者。
畑の運営は全てビオロジック(有機栽培)農法。
木苺のようなチャーミングな香りがあり、まさにピュアでエレガントな味わい。

◇ピエール・コルニュ・カミュ
            2006ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ・ルージュ

『コストパフォーマンスに優れたワインガイド』のオート・コート・ド・ボーヌ部門で3年連続1位!
この2006年産も最新の2009年版ガイドで第1位に輝いた・・という前評判の高いワイン。
ということでヴィンテージ違いながらビヤーのワインと飲み比べをしました。

ビヤーのワインは色は薄めながら、ブドウをかじったような自然な果実の味わい。
ピエール・コルニュ・カミュは色合いは濃い目ながら、余韻は短く、雑味があり。
飲み比べていただいた方は、ビヤーのワインの余韻のキレイさに絶賛されました。

この価格帯でこんなにエレガントで美味しいブルゴーニュワインはなかなかありません。
コストパフォーマンス抜群のドメーヌ・ビヤーのワインをぜひお試しください!!

t.toriumi
[PR]
by bar_exit | 2009-04-15 20:12 | ワインのメニュー

マレシャル キュヴェ・カトリーヌ VS J.コンフェロン・コトティド

4月11日(土)はマレシャルの奥様の名を冠したスペシャル・キュヴェが登場!!
e0110752_18474529.jpg
◇カトリーヌ・エ・クロード・マレシャル(マキコレ)
   2006ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・カトリーヌ
奥様の名前であるカトリーヌを冠したスペシャル・キュヴェ。このワインのみ茎ごと発酵をしています。

◇J.コンフェロン・コトティド
   2006ブルゴーニュ・ルージュ 
ヴォーヌ・ロマネに拠点を置き、5代目ジャックとその息子でエノロジストでもある息子ジャン・ピエール、イヴと共に運営するドメーヌ。 クロ・ヴージョやエシェゾーなどのグラン・クリュも所有しています。


昨日のルロワとマレシャルの飲み比べは、多くのお客様にご来店をいただきありがとうございました。

ルロワは抜栓したてから、香りがとても華やかで、厚みもありバランスのとれた味わい。
マレシャルは抜栓したては、香りは閉じ気味でしたが、グラスに注いでしばらくたつと、あっという間に香りが広がっていき、はるかに長い余韻が印象的。
飲まれたほとんどの方に「これは旨い!!」と絶賛していただいたのは、本当に嬉しかったです。
5年間当店の地下セラーで寝かした甲斐がありました。

マレシャルのノーマルのブルゴーニュ・ルージュもこれから登場しますのでご期待下さい。



t.toriumi
[PR]
by bar_exit | 2009-04-11 16:03 | ワインのメニュー

4月10日(金)はルロワが登場! 対するはマレシャル!!

4月10日(金)はブルゴーニュの大御所 「メゾン・ルロワ」が登場です!!
e0110752_22102661.jpg
メゾン・ルロワ 2000ブルゴーニュ・ルージュ
(高島屋さんのワイン売場で購入 6000円位)

対するマキコレは当店秘蔵のマレシャルの2001年が登場です。
今回はブルゴーニュ・ルージュの飲み比べがテーマですが、メゾン・ルロワ 2000ブルゴーニュ・ルージュが高額なのと、ヴィンテージを近づけるために、マレシャルの2001ショレイ・レ・ボーヌを出すことにしました。
BAR EXITならではのスペシャル企画です。
ご期待ください。

t.toriumi
[PR]
by bar_exit | 2009-04-09 19:23 | お知らせ&イベントなど

ジャン・マルク・ボワイヨVSドゥニ・バシュレ

4月9日(木)はドゥニ・バシュレとジャン・マルク・ボワイヨの飲み比べです。
e0110752_12455781.jpg

◇ドゥニ・バシュレ 2006ブルゴーニュ・ルージュ
ジュヴレ・シャンベルタン村に拠点を置き、畑は全部集めても3ヘクタール程度と小規模なドメーヌ。
リアルワインガイド誌でも高評価をされています。

◇ジャン・マルク・ボワイヨ(マキコレ)
            2006ブルゴーニュ・ルージュ
エティエンヌ・ソゼの孫にあたり、世界中のワイン愛好家などから垂涎の的であるドメーヌ。
白ワインの王道スタイルといわれていますが、素晴しい赤ワインも造り出します。
まろやかでエレガント!余韻にもキレイな果実味が広がり、これは美味しいブルゴーニュ・ルージュです。

t.toriumi
[PR]
by bar_exit | 2009-04-09 17:40 | ワインのメニュー

デニ・ポミエVSモンジャール・ミュニュレ

4月1日(水)から始まったBAR EXIT 4月の月間スペシャル企画である『マキコレブルゴーニュワインと他のブルゴーニュワインとの飲み比べ』は今回で5アイテム目となります。
多くのお客様にご来店いただきありがとうございます。

4月1日(水) アラン・ジャニアール(マキコレ)VSロベール・グロフィエ
        2006ブルゴーニュ・ルージュ    2006ブルゴーニュ・ルージュ

4月3日(金) クロード・マレシャル(マキコレ)VSセラファン・ペール・エ・フィス
        2004ブルゴーニュ・ルージュ    2004ブルゴーニュ・ルージュ

4月4日(土) ドメーヌ・デュ・シャトー・ド・ショレイ(マキコレ)VSクリスチャン・クレルジュ
        2005ブルゴーニュ・ルージュ            2004ブルゴーニュ・ルージュ
 
4月6日(月) ミシェル・マルタン(マキコレ)VSフィリップ・ブルノ
        2005ブルゴーニュ・ルージュ  2005ブルゴーニュ・ルージュ

4月7日(火)のラインナップは
         デニ・ポミエ(マキコレ) VSモンジャール・ミュニュレ
        2006ブルゴーニュ・ルージュ  2006ブルゴーニュ・ルージュ
e0110752_1216016.jpg
(デニ・ポミエ)2006ブルゴーニュ・ルージュ 
樽熟成の旨口シャブリを造るデニ・ポミエが2006年からリリースしました。通常シャブリ村で造られる赤ワインはブルゴーニュ・イランシーの表示になりますが、コート・ド・セロワの区画の畑はブルゴーニュ・ルージュを名乗れるそうです。色合いはやや淡めながら、ピュアでみずみずしい味わいのある美味しいピノノワールです。

(モンジャール・ミュニュレ) 2006ブルゴーニュ・ルージュ
ヴォーヌ・ロマネ村の老舗ドメーヌ。ブルゴーニュの偉大なグラン・クリュ畑であるエシェゾー、クロ・ド・ヴージョ、リシュブールも所有しています。

4月10日(金)には
大御所メゾン・ルロワ 2000ブルゴーニュ・ルージュの登場です。

対するマキコレ・ドメーヌは?

我々スタッフも楽しみにしています。

t.toriumi
[PR]
by bar_exit | 2009-04-07 12:30 | お知らせ&イベントなど

セラファンVSマレシャル

4月1日から始まったブルゴーニュワインフェア。
3日(金)はパーカー5ツ星評価の「セラファン」とマキコレのエース「マレシャル」の2004年ブルゴーニュ・ルージュが登場しました。
e0110752_2553219.jpg
「セラファン」はもっとも引く手あまたなジュブレイ・シャンベルタンの生産者で、風味の奥深さ、余韻の長さは共に、素晴しく、ただのブルゴーニュ・ルージュとは思えない味わいでした。
対する「マレシャル」もピュアでみずみずしいエレガントさは更に別格で、早飲みタイプと言われる2004年産ながら、まだ2~3年後にもっと美味しくなりりそうです。
かなりハイレベルなブルゴーニュ・ルージュの共演でした。

ちなみにスタートの「ロベール・グロフィエ」と「アラン・ジャニアール」の感想は超大物の「グロフィエ」に対して濃縮感、エレガントさ、余韻の長さ、全てに関して、「アラン・ジャニアール」が圧倒。まだブルゴーニュ・フェアのスタートながら最強のブルゴーニュ・ル-ジュともいえる「アラン・ジャニアール」でした。今後の飲み比べが楽しみです。
4日(土)はエシェゾーの銘醸家「クリスチャン・クレルジュ」とボーヌの雄「ドメーヌ・デュ・シャトー・ド・ショレイ」(マキコレ)が登場します。
ご期待下さい

t.toriumi
[PR]
by bar_exit | 2009-04-03 22:41 | イベント報告!


ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧